2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 下船~島原市内へ・・・ | トップページ | 島原城は楽し その2 天守閣からの眺め »

2013年10月 9日 (水)

島原城は楽し その1 天守閣へ

2013年長崎ドライブ 10

最後に来たのはいつだっけ?ウン十年ぶりです。

Cimg1793

Cimg1877 島原城由来(クリックで拡大)

島原城 概要

有明海に臨み、雲仙岳の麓に位置する。城郭の形式はほぼ長方形の連郭式平城で、高く頑丈な石垣が特徴である。本丸は周りを水堀で囲まれており、二の丸と廊下橋形式の木橋一本で繋がれている。橋を壊せば本丸を独立させることが出来るが、逆に袋の鼠状態になり、しかも廊下橋は、防備上矢玉が当たりにくくなるので、縄張りの欠陥とも言える。同じ事例に、高松城の天守郭(本丸)がある。また、天守は破風を持たない独立式層塔型5重5階(初重の屋根を庇として4重5階とも)で最上階の廻縁高欄を後に戸板で囲ったため「唐造り」のようになっていた。

江戸時代は島原藩の政庁であり藩主の居所であった。成立当時の領主である松倉氏の知行は4万石であったが、総石垣で天守と櫓49棟を建て並べた。火山灰や溶岩流でなる地盤での普請工事は困難であったとされ、関わった領民の一揆を引き起こす一因となった。

明治以降は廃城処分となり建物などは撤去され、現在は本丸に天守・櫓・長塀が復興され、城跡公園となっている。(wikipediaより)

日テレ 鉄腕ダッシュのロケがあったみたい・・・

Cimg1797こんな看板がありました。

Cimg1798 Cimg1799

入場料510円 いざ入城!いきなり鉄腕ダッシュのロケで使った甲冑が展示されてます。

Cimg1800出たな!メダリオン!!

最初に目に飛び込んできたのは・・・島原藩の大砲

Cimg1801

Cimg1803

木蝋の圧搾機

長崎県では島原藩が藩財政の向上と藩内の経済振興のため、特産物として栽培奨励をしたので、島原半島で盛んにハゼノキの栽培と木蝋製造が行われた。特に昭和になってから選抜された品種、「昭和福櫨」は、果肉に含まれる蝋の含有量が多く、島原半島内で広く栽培された。木蝋製造は島原市の本多木蝋工業所が伝統的な玉絞りによる製造を続け、伝統を守っている。(wikipediaより)

つづく

« 下船~島原市内へ・・・ | トップページ | 島原城は楽し その2 天守閣からの眺め »

ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1896209/53470244

この記事へのトラックバック一覧です: 島原城は楽し その1 天守閣へ:

« 下船~島原市内へ・・・ | トップページ | 島原城は楽し その2 天守閣からの眺め »

ClustrMaps

国際宇宙ステーション