2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« そして聴いてみた・・・ その1 | トップページ | 姪っ子よ!しかと頂いた!! »

2014年3月15日 (土)

そして聴いてみた・・・ その2

昨日購入した・・・あの人の4thアルバム・・・タイトルは・・・

グッドプロポーション(+3)

Cimg5219

なんで4枚目にして、こんなアルバムになったのか?

 今では考えられませんが、当時第一線で活躍していた人気歌手やミュージシャンが、レコードレーベルや所属事務所の枠をを超えて運動会やら水泳大会やらをやっていました。時々、出演したタレントの、その後の芸能生活を大きく変えてしまう様なアクシデントがあったりして(・・・まぁ・・・いわゆる”ポロリもあるよ”です^^;)・・・それはハラハラしながら見たものでした。そんな中・・・各スポーツ新聞・週刊誌・芸能誌のカメラマン達を、見事なプロポーションで釘づけにして、フォトジェニック賞とかもらっていたのは・・・あの人でした。

当時デビューして2年(1981年)・・・正統派・清純派、優等生イメージでデビューしたのに・・・こう言った形で注目された彼女は、どう思っていたのだろうか?・・・そんな中、発売されたのが4枚目のアルバムでした。

・・・そんな事を思い出しながら・・・

中を見ると・・・ Cimg5222

(+3)のシングルのジャケット・・・懐かしい・・・crying

私は、これの初版を買った日の事を今でも覚えています。初版発売は1981年7月21日。夏休みに入った直後の発売日前日・・・買ったばかりのこのLPを自転車の籠に入れて走っていると・・・同級生女子にバッタリ・・・

同級生女子 「ぴろQなんば買うたと?」
 「なんでもよかろ~もん!」
同級生女子 「見せて見せて!」

無理矢理LPを見られる・・・「げ!倉田まり子やん!」(爆)

あ~恥ずかし~!なんか・・・無理矢理パンツ脱がされたみたいな感覚の後・・・自宅に戻って聴いてみる。正直言って・・・前作(3rd「ダイアリー」)があまりに良かったのと、このジャケットからして→Goodp (←芸能誌のグラビア写真流用)・・・の落差に中身はハッキリ言って期待していなかったけど・・・

・・・これがなかなか良いんだ!

・・・ウン10年ぶり、初デジタル化”2014年最新マスタリング”版を聴いてみます・・・

1曲目 いきなりオリジナル曲 シーサイド・ドライヴイン なんか大人~♪最初聴いた時はそんな感じがしました。だって卒業間際の大学生カップルの微妙な距離感なんて・・・当時、厨房の私にはわかりまっしぇん!(笑)
2曲目 波のSEに続いて・・・アルバムタイトル曲 グッドプロポーション この時点でLPに付いていたピンナップ(芸能誌のグラビア写真流用)を穴が開くほど眺めていました。(爆)
3曲目 そして秋 波のSEの後のバラード。”海岸へ車を走らせるの~♪”で・・・当時厨房の私は、車なんて運転した事ないのに・・・完全に脳内で車を運転していました。(爆)子供の頃・・・この曲に登場する男の様になりたいと、ずっと思っておりました。
4曲目 恋のカーテンフォール 突然、テクノ・ロックチューン。しっとりとした大人のバラードからいきなりの展開にぶっ飛びました。(爆)サビの高音の伸びや、変則ビートの展開を巧みに歌い上げる彼女の歌唱力に感動!
5曲目 赤信号 A面最後を飾るバラード。こらまたガラッと曲調が変わるので肩すかし喰らった感じがしました。最初聴いた時は「コントグループの名前か!?」と、ツッコミを入れたくなりましたが、これが、なかなか大人のバラードで良い曲なんだ・・・

ここでB面に突入

6曲目 彼女にとって9枚目のシングル 恋はAmi Ami 当時、ベルギーのアイドル、リオ(Lio)が歌って大ヒットしたそうですが・・・日本では倉田まり子がレッツゴーヤングやらカックラキン大放送で時々歌っていた・・・そんな印象(笑)
7曲目 更にシングル曲が続きます。 恋はライ・ライ・ライ 彼女にとって8枚目のシングルです。後半の”転調に次ぐ転調”と”見事なハイトーン”・・・彼女の歌唱力が光る一曲でした。
8曲目 ときめきIt's You イントロのシンセドラムが時代を感じる・・・(笑)なんか小さくまとまっていてイマイチ印象が薄い曲・・・^^;
9曲目 港の恋人 船の音・港のSEから入る(ハード)ロックチューン。(笑)イントロのギター・リフなんか、かなりロックしているのに・・・敢えてそうしているのでしょうか?無駄に多いシンセサイザーやらヴォーカルにかけられたエフェクトなんかに昭和歌謡のニオイがプンプンしてきます。
10曲目 微笑みエピローグ これは多分、このアルバムが発売された翌月に催された、彼女の20歳の記念コンサートのエンディング用に作られた曲でしょう。しっとりと・・・アルバム或いはコンサートの最後にふさわしい一曲です。

ボーナストラック

11曲目 罪 to Me 6枚目のシングルDAY BY DAYのB面。シンプルなロックンロールナンバー。こういう曲はライブウケするんで一回生で聴きたかった・・・
12曲目 あなたへHurry Up 8枚目シングル 恋はライライライのB面。初めての口げんかで彼氏の部屋を飛び出した女の子が、反省して彼の元へ帰る歌。これが何とも健気で・・・涙無くしては聴けません(笑)アレンジも良くてストリングスが効果的です!
13曲目 10枚目のシングル、哀しみのポエジーのB面 ファンキー・ドールはファニー・ボーイ 第9回西友ファミリー劇場「ピノッキオのぼうけん」のイメージソングだったそうです。当時流行っていた’80年代テクノ、バリバリの曲で・・・歌い出しなんか、ジューシー・フルーツの「ジェニーはご機嫌ななめ」のパクリかい!と言う位似ています。

-----------------------------------------------

・・・とかなんとか書いてまいりましたが・・・

ここまで出したんだから・・・2nd「ストーミー・ウェザー」、3rd「ダイアリー」、5th「愛の蜃気楼」、ついでに日本青年館でのライブ盤「Twenty Girl コンサート'81・ライヴ」もCD化してくれー!!!

« そして聴いてみた・・・ その1 | トップページ | 姪っ子よ!しかと頂いた!! »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1896209/55373196

この記事へのトラックバック一覧です: そして聴いてみた・・・ その2:

« そして聴いてみた・・・ その1 | トップページ | 姪っ子よ!しかと頂いた!! »

ClustrMaps

国際宇宙ステーション