2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 2014 博多どんたく港祭り part1 | トップページ | 2014 博多どんたく港祭り part3 »

2014年5月20日 (火)

2014 博多どんたく港祭り part2

ここでちょっと寄り道。御供所町の承天寺前 3月29日できたばかりの博多千年門を見ていきます。

P5043344

まぁ~立派な門ですが・・・

P5043345 P5043346

それ以上でもそれ以下でもありません。^^; 博多千年門を見物に来る予定の方は、この周辺のお寺を一緒に見て回った方がいいですね。

P5043347承天寺前の道も綺麗になった!

↓完成セレモニーの様子を伝えるニュース

-------------------------------------------------------------

栄えあれ新名所 「博多千年門」が完成 [福岡県]


201403290002_000_m  福岡市の旧市街、博多部の新たなシンボルとなる「博多千年門(せんねんのもん)」が28日、同市博多区博多駅前の古刹(こさつ)、承天寺(じょうてんじ)前に完成した。記念式典では、同門期成会の石原進会長(JR九州会長)が「福岡、博多の文化の新たな拠点として、この地域が栄えることを祈念したい」とあいさつ。博多松囃子(ばやし)の稚児舞披露や門の通り初めがあり、訪れた関係者や市民計約千人が新名所の誕生を祝した。

 千年門は市が市道の再整備事業に合わせて建設。高さ、幅ともに約8メートルの木造瓦ぶきの四脚門で、「商人のまち・博多」の出入り口にかつてあったとされる「辻堂口(つじのどうぐち)門」をモデルにしている。千年の歴史を持つ博多の、今後千年にわたる繁栄を願って命名された。

 門が立つ市道「承天寺通り」も再整備が完了。ゆったりと流れる川をイメージした約150メートルの通りには、モミジなどの植栽や自然石が配置され、道で分断されていた承天寺境内に一体感が生まれた。総事業費は約4億円。同区の安武好子さん(81)は「マツも植えられ、趣がある。こんなにきれいになるとは思いませんでした」と目を細めた。

 同門期成会の冨田勝久事務局長は「門の完成はゴールではなくて、今後の博多のまちづくりを考えるスタートだ」と力を込めた。2014年03月29日(最終更新 2014年03月29日 00時29分)

=2014/03/29付 西日本新聞朝刊=

-------------------------------------------------------------

大博通りを渡って、博多の総鎮守 櫛田神社方面へ・・・

P5043348 博多まちやふるさと館前

ドラムを叩く若者がおりました・・・

櫛田神社前 P5043350

冷泉公園の横を通り・・・川端商店街を突っ切って・・・

P5043351 P5043352

(左)博多川を渡って中洲へ入る。(右)中洲では丁度、稚児舞が奉納されていました。そのまま中洲を横断・・・

福博であい橋を渡る P5043353

P5043354

那珂川をキャナルシティ方面を臨む・・・ふと見上げると・・・

P5043355 飛行機が・・・

つづく

« 2014 博多どんたく港祭り part1 | トップページ | 2014 博多どんたく港祭り part3 »

ニュース」カテゴリの記事

催し物」カテゴリの記事

福岡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1896209/56145952

この記事へのトラックバック一覧です: 2014 博多どんたく港祭り part2 :

« 2014 博多どんたく港祭り part1 | トップページ | 2014 博多どんたく港祭り part3 »

ClustrMaps

国際宇宙ステーション