2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 遊星からの物体X | トップページ | 楽水園は都会のオアシス その2 »

2014年6月18日 (水)

楽水園は都会のオアシス その1

住吉神社と併せて見ておきたいのは、住吉神社のすぐ横にある日本庭園「楽水園」です。

Cimg0621096 博多塀

Cimg0623097

奥へ進み・・・

Cimg0624098 門をくぐって・・・

Cimg0625099

奥に入る・・・入園料は・・・なんと!

Cimg0626100 大人100円

楽水園(らくすいえん)は、福岡市博多区の住吉神社の北側にある日本庭園である。

概要
 この場所は、明治39年(1906年)に博多商人、下澤善右衛門親正(しもざわ ぜんえもん ちかまさ)が住吉別荘を建てた跡地。 親正は、父尚正(なおまさ)と親子二代にわたり、家業と並んで福博の発展に貢献した人物で、「楽水」とは、親正の雅号である。

戦後は、旅館「楽水荘」として使用され、平成7年(1995年)に福岡市が池泉回遊式の日本庭園として整備、開園。その際に、本園の名称もその由来を受け継ぎ「楽水園」と名付けられた。(wikipediaより)

Cimg0627101

博多駅周辺の雑踏が噓のように静かです。庭には箱嶋邸にあった水琴窟も埋められているようですが、この日は残念ながら音は聞こえませんでした。

Cimg0628102 つづく

« 遊星からの物体X | トップページ | 楽水園は都会のオアシス その2 »

福岡」カテゴリの記事

コメント

へぇ~博多の街中にこんなに素晴らしい庭園があるとは知りませんでした。京都の名刹とみまごうようです。

>いそかぜさん
ここは住吉神社のすぐ隣です。地味な作りなんで、意識しないと入口がわからないかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1896209/56472974

この記事へのトラックバック一覧です: 楽水園は都会のオアシス その1:

« 遊星からの物体X | トップページ | 楽水園は都会のオアシス その2 »

ClustrMaps

国際宇宙ステーション