2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« つばめの杜ひろばに行ったったwww その1 | トップページ | つばめの杜ひろばに行ったったwww その3 »

2014年7月27日 (日)

つばめの杜ひろばに行ったったwww その2

鳥居をくぐって・・・

Cimg1701035 手水舎でお清め。

ふと見ると・・・

新しい祠が! Cimg1692026

Cimg1693027 出たな~!www

東日本大震災から1000日 復興祈願

和顔施合掌地蔵 ~陸前高田の松で製作したお地蔵様~

 2011年秋に岩手県の陸前高田を訪れた。津波に流された7万本の松の木を材料に、仏像を製作してほしいとの依頼を受けたためだ。震災前は静かな住宅街であったという広大な被災地には、4~5mに積み上げられた瓦礫の山が延々と連なっていた。そのなかに樹木だけが集められた山があり、直径1m近い松の丸太も混ざっていた。この丸太を見た時「何かを刻まなければいけない」という彫刻家としての強い思いに駆られた。

 私が担当する東京藝術大学大学院文化財保存学の学生と若いスタッフたちが、信州・善光寺に一体と陸前高田の普門寺に三体のお地蔵さまを納め、今年の九月には立派な地蔵堂も完成した。私自身が製作したお地蔵さまは三重県・松坂の継松寺と、ここJR博多シティの二体だけである。

 私はそれとは別に、現地の篤志家から松材の提供を受け、このお地蔵さまを刻んだ。

 千数百年の間、なぜ日本人は仏像を刻み譲り伝えて来たのか、そして現代になぜ自分が仏像を刻むのか、根本的な問いかけの答えを、このお地蔵さまは私に教えてくれた。(案内板より)

更に籔内佐斗司氏の作品は続く・・・

Cimg1695029 縁結び七福童子

仲良く電車遊び!Cimg1696030

Cimg1697031

覚えているでしょうか・・・

思えば、博多駅がリニューアル、JR博多シティとしてオープンしたのが2011年3月3日。そして九州新幹線が全線開業したのが同年3月12日そうです、東日本大震災の翌日・・・国難ともいえる大災害の翌日・・・お祭り気分も吹っ飛んでしまいました。

日本中が絶望感に包まれる中・・・九州新幹線開業のCMが希望の灯りになる・・・と話題になりました。

 

Cimg1698032一番奥には・・・

鉄道神社 Cimg1699033

あの日を想い・・・静かに手をあわせました。

Cimg1700034 横には・・・

九州鉄道建設の恩人 ヘルマン・ルムシュツテルのプレート。これは昔、筑紫口にあったのを覚えています。

つづく

« つばめの杜ひろばに行ったったwww その1 | トップページ | つばめの杜ひろばに行ったったwww その3 »

福岡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1896209/56906305

この記事へのトラックバック一覧です: つばめの杜ひろばに行ったったwww その2:

« つばめの杜ひろばに行ったったwww その1 | トップページ | つばめの杜ひろばに行ったったwww その3 »

ClustrMaps

国際宇宙ステーション