2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« インビジブル | トップページ | 恋するリトル・コメディアン »

2014年10月16日 (木)

元寇防塁跡に行ったYO!

本日、またまたタイ映画を見る為、福岡市総合図書館を訪れた際、久々に元寇防塁跡に寄って来ました。西南大学の体育館の横、マンションが立ち並ぶ住宅街に忽然と緑地が現れます。

Cimg3576012 Cimg3568004

巨大な松が、ここがかつて海岸線だった事を偲ばせます。

Cimg3570006 Cimg3569005

(左)元寇防塁の碑と(右)元寇神社

Cimg3571007

わずかに残る防塁

Cimg3572008 国を守るため

どんな思いで積み上げたのかCimg3573009

Cimg3574010 Cimg3575011

元寇防塁跡
 13世紀初め、チンギス・ハンはアジアからヨーロッパにまたがるモンゴル帝国をうちたてました。その孫、五代皇帝フビライは、国名を元と改め、日本に使者を送り、通交を求めました。しかし鎌倉幕府がこれに応じなかったため、1274年博多湾に攻めこみ、その西部に上陸し九州の御家人たちと激しい戦いをくりひろげました(文永の役)。
 幕府は、元の再度の襲来に備えて、九州各地の御家人に命じて、1276年3月から約半年間で、西は今津から東は香椎まで博多湾の海岸沿い約20kmにわたる石築地(元寇防塁)を築かせ、その場所を警備させました。
 防塁は各国の分担地区によってその構造が違う事が分っています。石材は近くの山や海岸などから運び、全体を石で築いたり、全面だけを石で築くなどの工法が採用されています。防塁の高さは2,5~3mほどと考えられます。
 この西新地区(当時の百道原)分担国は分かっていません。防塁の構造は粘土による基礎工事を行い、基底部幅3,5mの前面と後面に石積みをし、その間を砂と粘土でつめています。石材の節約をはかった独特の構造となっています。
 1281年元は再び日本を攻めましたが、この元寇防塁や武士の元船への攻撃にはばまれ、博多の地には上陸できませんでした(弘安の役)。
 元寇防塁跡は、1931年(昭和6年)国の史跡に指定され、保存されています。(案内板より)

Cimg3577013

・・・という事で・・・路上駐車だったので早々に立ち去る・・・

おしまい

« インビジブル | トップページ | 恋するリトル・コメディアン »

福岡」カテゴリの記事

コメント

防塁跡か~懐かしいな~。ご無沙汰です。ぴろQさんの日記読めるようになったけどえらい事に1ヶ月分、どっと来て・・・少しづつ読ませてもらってコメント入れて行きますので!しかし博多は歴史にも事欠かない街ですね。防塁跡とか志賀島の金印とかね。歴史のロマンを感じます。

>いそかぜさん
防塁跡は今宿近辺の方が整備されて良いみたいですが・・・市内から遠い!
博多は歴史的に古くから栄えていた感じはするけど、どぉ~も観光に生かされて無いですね。近隣の観光立県が羨ましい!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1896209/57697926

この記事へのトラックバック一覧です: 元寇防塁跡に行ったYO!:

« インビジブル | トップページ | 恋するリトル・コメディアン »

ClustrMaps

国際宇宙ステーション