2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« タイの妹分(弟分?)と久しぶりにチャットしたったwww! | トップページ | 大濠公園 日本庭園 その2 »

2015年1月13日 (火)

大濠公園 日本庭園 その1

福岡市美術館は大濠公園の一角にあります。

Cimg5625022

大濠公園は福岡城跡の横に位置しています。福岡藩初代藩主、黒田長政が博多湾の入り江を埋立し外堀として城の護りとしたのが現在の大濠公園です。

Cimg5626023 水鳥が羽根を休めています

福岡市民の憩いの場ですCimg5627024

ここは太宰府天満宮同様、カップルで来ると(カップルでボートに乗ると)別れると言う都市伝説があります。(笑)

Cimg5628025

美術館横にひっそりと日本庭園がありまして・・・

Cimg5630027 Cimg5629026

入り口の管理棟で入場料(240円)を払っていざ日本庭園内へ・・・

Ohori_park_jpn_g  ← 庭園マップ(クリックで拡大)

Cimg5631028_2

 大濠公園日本庭園は、福岡県が大濠公園の開設50年を記念して築庭し、昭和59年に開園したものです。日本庭園の伝統的な庭園技法による古典美を基調としつつ、近代性を盛り込んで作庭された築山林泉式の形態を持つ廻遊式庭園です。
 広さは12,000平方メートルで、白壁の築地塀と樹林に囲まれた園内には、大池と築山の大池泉庭、曲水の流れ、枯山水庭、数寄屋造りの茶室と露地庭などが配置され、これらをつなぐ園路によって廻遊するようになっています。(リーフレットより)

つづく

« タイの妹分(弟分?)と久しぶりにチャットしたったwww! | トップページ | 大濠公園 日本庭園 その2 »

福岡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1896209/58560733

この記事へのトラックバック一覧です: 大濠公園 日本庭園 その1:

« タイの妹分(弟分?)と久しぶりにチャットしたったwww! | トップページ | 大濠公園 日本庭園 その2 »

ClustrMaps

国際宇宙ステーション