2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 石炭産業科学館に行ったYO! その4 ダイナミックトンネル① | トップページ | 石炭産業科学館に行ったYO! その6 更に展示は続く »

2015年4月 2日 (木)

石炭産業科学館に行ったYO! その5 ダイナミックトンネル②

このダイナミックトンネルは、センサーで人を感知して自動で解説が始まります。ウマい事、センサーに当たらないと説明が始まりません。^^;

Cimg7363

電気機関車と炭車 坑内で石炭を「長距離・大量輸送」
石炭は切羽からベルトコンベアで貯炭ポケットに集められます。ここで炭車に積まれ、3両で1セットの機関車に牽引されて、坑口の近くまで運ばれます。(案内板より)

運転手は一点を見つめるCimg7365

Cimg7366 Cimg7368

東芝製です。案内板によると架空式電気機関車 SLME-B28B-26B型だそうです。

Cimg7369

ロードヘッダー 首ふり自在のトンネル掘進機
先端についたドラムで、石炭層の中をほり進む機械です。ほりながら、あつめ、後方の運搬設備に積みこみます。

Cimg7374 Cimg7373

実際にヘッドが回転します。自在に動く様は・・・まさに巨大ロボットの腕!

Cimg7375 虚ろな目をしてます。

なかなかの迫力!Cimg7376

トンネルも最後の方になって来ました。これまた大きな設備!

Cimg7379

自走枠とドラムカッター システム全体が油圧で前進しながら採炭

Cimg7382 巨大なドラムカッターが

左右に移動して掘削しますCimg7381

こんな巨大な機械が地底深く(地下400㍍)で動いていたなんて・・・まるでSFの世界の様です。

Cimg7384 トンネルを進むと出口

入り口のエレベーターは一体なんだったんだ!?(笑)

つづく

« 石炭産業科学館に行ったYO! その4 ダイナミックトンネル① | トップページ | 石炭産業科学館に行ったYO! その6 更に展示は続く »

ドライブ」カテゴリの記事

福岡」カテゴリの記事

コメント

かなり採掘の技術はすごかったんですね。びっくりしました。

>いそかぜさん
現在、この技術や機械は海外の炭鉱に輸出されているそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1896209/59419165

この記事へのトラックバック一覧です: 石炭産業科学館に行ったYO! その5 ダイナミックトンネル②:

« 石炭産業科学館に行ったYO! その4 ダイナミックトンネル① | トップページ | 石炭産業科学館に行ったYO! その6 更に展示は続く »

ClustrMaps

国際宇宙ステーション