2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 熊本城に行ったYO! 6 本丸御殿② | トップページ | 熊本城に行ったYO! 8 天主閣を眺めながら一服 »

2015年4月18日 (土)

熊本城に行ったYO! 7 本丸御殿③

熊本ドライブ 2015 その11

廊下の先に部屋があって・・・

Cimg7632 天井にも凄い装飾

この場所は・・・昭君之間

対面所(藩主の会見の場) Cimg7633
本丸御殿の中で最も格式の高い部屋で、慶長期の特色である鉤上段(かぎじょうだん)を設け、室内は床の間や違棚、付書院などを持つ書院造りとなっています。
壁や襖などには中国の前漢の時代の話で、匈奴(現在のモンゴル)に嫁がされた悲劇の美女、王昭君の物語が描かれています。(熊本城公式HPより)

Cimg7634 Cimg7635

殿様の権力が伺えます。更に廊下を歩くと・・・格子越しに・・・

数寄屋 茶室が見えました。Cimg7636

殿様と言うのは、豪華絢爛な装飾や大宴会の料理と言った派手な生活の裏で・・・茶道を嗜み精神修養も行っていたんですね~。縁側の落ち着いた庭園と言い・・・日本文化は奥が深いなぁ・・・と、つくづく思います。

その先には・・・

Cimg7638 西南戦争の資料エリア

更に別の小部屋には・・・これまた

見事な襖絵 Cimg7639

Cimg7640 いやぁ~素晴らしい!

Cimg7642 Cimg7641

本丸御殿を堪能して外へ出ると・・・来るときに見た大きなイチョウの木

Cimg7644 大銀杏

熊本城の別名が「銀杏城」と呼ばれる由来の樹
熊本城は別名「銀杏城(ぎんなんじょう)」といい、その名前はこの大銀杏に由来します。清正(きよまさ)公が築城の際にお手植えになったと伝えられ、また、清正が亡くなるときに、「この銀杏の木が天守閣と同じ高さとなったときに、何か異変が起こるであろう」と予言し、それが奇しくも明治10年(1877年)の西南戦争のときであったとも言われています。
清正は銀杏の実を食料とするために、この木を植えたとよく言われますが、残念ながらこの木は雄の木で実はつけません。
現在の木は西南戦争で燃えたあとに、芽吹いた脇芽が成長したもので、130年でこれだけの大きさに成長したのです。 (熊本城公式HPより)

つづく

« 熊本城に行ったYO! 6 本丸御殿② | トップページ | 熊本城に行ったYO! 8 天主閣を眺めながら一服 »

ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1896209/59651395

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本城に行ったYO! 7 本丸御殿③:

« 熊本城に行ったYO! 6 本丸御殿② | トップページ | 熊本城に行ったYO! 8 天主閣を眺めながら一服 »

ClustrMaps

国際宇宙ステーション