2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 二日目 起床~出発 | トップページ | 大阪城天守閣 ゴモラアタック!その2 »

2015年6月 5日 (金)

大阪城天守閣 ゴモラアタック!その1

2015年 大阪の旅 タイフェス編 part22

今回の大阪城見学の為、「ここだったら見つけることが出来るだろう!」と思うロケシーンの写真をスマホに入れてきました。先ずは・・・

太陽の広場を通り抜けた所に、大阪城の外堀があるのですが・・・

Gomora2_2 Cimg8320_2

科特隊が専用車で乗りつけた所が・・・どぉ~もこの辺っぽいのですが・・・確証がありません。お堀沿いに歩いて行くと・・・

Cimg8321 城内へ入っていく坂道

丁度生垣の剪定作業をやっていました。それにしても中国人が多い!中国人団体付いて門をくぐる・・・

Cimg8322

青屋門 青屋口は大阪城二の丸の北に位置する出入口で、青屋門はその枡形の内側に建つ。創建は徳川幕府よる大坂城再築工事が開始された元和6(1620)年頃と考えられ、明治維新の大火によって被災し、その後陸軍によって改築されたものの昭和20(1945)年の空襲で再び大破したが、昭和44(1969)年に大阪市が残材を用いて再建したのが現在の門である。外側はかっては水堀となっていて、橋が掛かっていた。この橋は押し出し引き入れ自在のいわゆる算盤橋で非常時以外は引き入れたままになっていた。青屋の名については、戦国時代この地にあった大坂(石山)本願寺の寺内町「青屋町」に由来すると考えられている。(案内板より抜粋)

門をくぐって・・・見上げると・・・おぉ~!

天守閣だ~ Cimg8324

そのまま歩いて行くと・・・内堀に架かった橋・・・

極楽橋   極楽橋は本丸北端の山里丸と二の丸を結ぶ全長54mの橋である。現在の極楽橋は徳川大坂城再建の折に架橋された橋が明治維新の戊辰戦争で焼失し、その後、昭和40年(1965)に大阪城整備工事の一環として再建されたものである。 ちなみに極楽橋と呼ばれる橋は豊臣時代からほぼ同じ位置に存在していた。この名称に関しては岡本良一氏が、その著「大阪城」の中で「極楽橋とは阿弥陀如来のいます御堂にいたる橋という意味である。・・・・(石山本願寺時代にも)やはりこのあたりに橋があり、本願寺のご本尊(現在の本丸)への通路に当たっていたという由来がこの橋名に秘められている」と述べられているが、極楽橋の名称は大坂城とそれ以前の石山本願寺とのつながりを伺わせるものなのである。(大阪城HPより抜粋)

Cimg8326

ここはピーンと来ました!

Gomora3

科特隊が走っていくシーンで使われています。

つづく

« 二日目 起床~出発 | トップページ | 大阪城天守閣 ゴモラアタック!その2 »

旅行 国内」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1896209/60158673

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪城天守閣 ゴモラアタック!その1:

« 二日目 起床~出発 | トップページ | 大阪城天守閣 ゴモラアタック!その2 »

ClustrMaps

国際宇宙ステーション