2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 世界大恐竜展 part1 スピノサウルス | トップページ | 世界大恐竜展 part3 ララミディア大陸の戦国時代 »

2015年7月31日 (金)

世界大恐竜展 part2 プロトケラトプス

2015年 山口ドライブ その8

眼力鋭い生体復元モデルが・・・

Cimg9092 <こっち見んな!

この生体復元モデル中国の新疆ウイグル自治区で出土したインロン(隠龍)だそうです。名前の由来は、インロンのほぼ完全な全身骨格が発見された当時、発掘現場近くでロケをしていた映画「グリーンディスティニー」(英語題: Crouching Tiger, Hidden Dragon)の”Hidden Dragon”からとったそうです。これ豆な!

そして・・・プロトタイプのトリケラトプス

プロトケラトプス Cimg9094

可愛い!こう言うの一匹ペットに欲しい!

Cimg9096 Cimg9095_2

そして全身骨格標本 (残念ながらレプリカ)

Cimg9097_2 Cimg9098

(左)もう一匹違うポーズの奴もいました。(右)こちらも触れる用にレプリカが置いてあったので・・・そぉ~っと触ってみる。

Cimg9099 ずらりと並ぶ頭蓋骨

全部プロトケラトプスです。

Cimg9100_2

プロトケラトプスコーナー全景

Cimg9103 Cimg9102

その横にはズニケラトプスの全身骨格(レプリカ)。こ奴は中生代も後半白亜紀の最後の方に登場し、アジアからベーリング陸橋を渡り失われたララミディア大陸へ進出した類だそうです。

その横にひっそりと展示してあった・・・

Cimg9104 ズニティランノサウラ 頭骨

ティラノサウルス類だそうですが、意外に小さかった・・・

つづく

« 世界大恐竜展 part1 スピノサウルス | トップページ | 世界大恐竜展 part3 ララミディア大陸の戦国時代 »

ドライブ」カテゴリの記事

催し物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1896209/60927143

この記事へのトラックバック一覧です: 世界大恐竜展 part2 プロトケラトプス:

« 世界大恐竜展 part1 スピノサウルス | トップページ | 世界大恐竜展 part3 ララミディア大陸の戦国時代 »

ClustrMaps

国際宇宙ステーション