2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 世界大恐竜展 part3 ララミディア大陸の戦国時代 | トップページ | 世界大恐竜展 part5 エドモントサウルス~太古の山口県 »

2015年7月31日 (金)

世界大恐竜展 part4 カスモサウルスvsテラフォトネウス

2015年 山口ドライブ その10

1階の展示は終了~!スロープを登って2階へ行くと・・・最初に見た

Cimg9123 スピノサウルスの後ろ姿

これまた大迫力です!そして、スロープを登り切った所の正面に・・・いました!

Cimg9124_2

カスモサウルス 全身骨格 

Cimg9126 全長5,4メートル

その向かいに立っていたのは・・・

Cimg9128 Cimg9129

テラフォトネウス 全身骨格 ララミディア大陸のティラノサウルス類だそうで・・・こちらも全長6メートルの巨大な生き物です。こうやって見ると・・・

Cimg9130_2 対決しているよう・・・

その横には、でっかい頭骨!!

Cimg9132 Cimg9134

トリケラトプス「ホーマー(愛称)」の頭骨
 トリケラトプスは、頭骨を構成する骨が成長とともに互いに融合していき、最終的にはひとつの大きな骨の塊になる。「ホーマー」と愛称がつけられたこのトリケラトプスの頭骨は、骨の融合が進んでおらず、非常に若い個体だったことが分かる。(案内板より)

Cimg9139

トリケラトプス 全身骨格 確かに頭蓋骨融合しているわ・・・思わず

Cimg9137a 記念撮影!

Cimg9140 Cimg9141

(左)トリケラトプスの完全な下顎骨 (右)トリケラトプスの胴椎

Cimg9138_2 Cimg9142

(左)トリケラトプス頭骨 (右)トリケラトプスの皮膚の印象化石

Cimg9131 Cimg9144

(左)トリケラトプスの角、歯など (右)トリケラトプスの肋骨

つづく

« 世界大恐竜展 part3 ララミディア大陸の戦国時代 | トップページ | 世界大恐竜展 part5 エドモントサウルス~太古の山口県 »

ドライブ」カテゴリの記事

催し物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1896209/60927156

この記事へのトラックバック一覧です: 世界大恐竜展 part4 カスモサウルスvsテラフォトネウス:

« 世界大恐竜展 part3 ララミディア大陸の戦国時代 | トップページ | 世界大恐竜展 part5 エドモントサウルス~太古の山口県 »

ClustrMaps

国際宇宙ステーション