2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 御船町恐竜博物館は凄かった!その5 | トップページ | 御船町恐竜博物館は凄かった!その7 »

2015年8月20日 (木)

御船町恐竜博物館は凄かった!その6

熊本ドライブ 2015 恐竜展編 その16

Cimg9876 壁面展示

主翼竜の進化の過程 骨格標本で解説していました。

Cimg9877 アニマンタルクス

アニマンタルクス(Animantarx 「生きた要塞」の意味)は白亜紀後期に現在の北アメリカ西部に生息していたノドサウルス科の曲竜類恐竜の属の一つである。他のノドサウルス類同様、ゆっくりと移動する四足歩行で草食動物で、装甲(英語版)に覆われていたが尾の棍棒がない恐竜であった。頭骨は長さ約25 cmで、体長は3 m未満であったと推定される。(wikipediaより)

そして・・・こちらにも迫力の肉食恐竜が!

Cimg9879

アクロカントサウルス
アクロカントサウルス(Acrocanthosaurus=頂部に突起を持つ爬虫類、の意)は白亜紀前期に北米大陸に生息した肉食恐竜の一種。ティラノサウルス、カルカロドントサウルス、ギガノトサウルス等に並ぶ巨大な肉食恐竜であり、当時における北米大陸最大級の獣脚類であった。体長は12mから13m。(wikipediaより)

再び壁面展示 Cimg9881

哺乳類の頭骨がズラリ こちらも進化の過程の説明のようです。その横に・・・ 

Cimg9882 ディメトロドン

ペルム紀前期、北アメリカに生息した体長1,7~3,5mのトカゲ型の生き物。背中に特徴的な「帆」を有しています。この恐竜、図鑑の最初の方(海の生き物が進化を経て初めて地上に姿を現した頃のページ)、に載っていて独特のフォルムが印象的でした。懐かしい~

スコミムス Cimg9884

スコミムス (Suchomimus) は1億1000万年〜1億年前、中生代白亜紀前期の、現在のアフリカ大陸にあたる地域に生息していた獣脚類恐竜。スピノサウルス科。学名のスコミムスとは「ワニもどき」を意味する。(wikipediaより)

これで1階の展示は終了~!2階に上がる階段の途中の踊り場から・・・

恐竜博物館の全景が見渡せますCimg9913

         Cimg9914

Cimg9915 つづく

« 御船町恐竜博物館は凄かった!その5 | トップページ | 御船町恐竜博物館は凄かった!その7 »

ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1896209/61130810

この記事へのトラックバック一覧です: 御船町恐竜博物館は凄かった!その6:

« 御船町恐竜博物館は凄かった!その5 | トップページ | 御船町恐竜博物館は凄かった!その7 »

ClustrMaps

国際宇宙ステーション