2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« スペイン 奇跡の恐竜たち part5 ラス・オヤスの鳥類~ロ・ウエコの時代 | トップページ | スペイン 奇跡の恐竜たち part7 ティタノサウルス類① »

2015年9月22日 (火)

スペイン 奇跡の恐竜たち part6 ロ・ウエコの恐竜

北九州ドライブ 2015 その7

順路を進むと・・・

Cimg0374 全身骨格標本が・・・

ラブドドン
ラブドドンは、白亜紀後期までヨーロッパだけに生き延びていた原始的な鳥脚類です。白亜紀後期は、巨大化したハドロサウルス類が世界的に分布しますが、ラブドドン類は古い形質を残したままヨーロッパで進化した固有のグループです。
歯の表面にスジ状の模様(リッジ)がたくさんあることが、原始的な種類であることを示しています。

ラブドドン類の骨 Cimg0372

Cimg0379こちらの骨格標本は

ドロマエオサウルス類

Cimg0376 Cimg0378

ドロマエオサウルス類の様々な骨。これで引掻かれたら痛そう・・・

Cimg0381 正鰐類

今まで生き残っている唯一のワニのグループです。

Cimg0382 頭骨だけ見ると・・・

今のワニそのものって感じ・・・

顎の他・・・Cimg0383

現生のワニ類の起源がヨーロッパであることを支持する証拠だそうです。

Cimg0385そしてこの塊は・・・

ティタノサウルス類の脳函
脳函は、脳が入っていた場所で、頭骨で最も丈夫な部分です。CTスキャンにより、脳や三半規管の形が復元されました。フランスなどで発見されているアンペロサウルスに似ていることがあきらかになりました。(案内板より)

つづく

« スペイン 奇跡の恐竜たち part5 ラス・オヤスの鳥類~ロ・ウエコの時代 | トップページ | スペイン 奇跡の恐竜たち part7 ティタノサウルス類① »

ドライブ」カテゴリの記事

催し物」カテゴリの記事

福岡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1896209/61667088

この記事へのトラックバック一覧です: スペイン 奇跡の恐竜たち part6 ロ・ウエコの恐竜:

« スペイン 奇跡の恐竜たち part5 ラス・オヤスの鳥類~ロ・ウエコの時代 | トップページ | スペイン 奇跡の恐竜たち part7 ティタノサウルス類① »

ClustrMaps

国際宇宙ステーション