2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« マリンワールド海の中道は楽し 2015 par4 亜熱帯エリア | トップページ | ぴろQ、SW7鑑賞日決定!+ストームトルーパーとの遭遇 »

2015年12月 6日 (日)

マリンワールド海の中道は楽し 2015 part5 サンゴ礁の様々な生き物

さかなたちのオアシス サンゴ礁(礁縁部)と題された水槽の中には・・・

Cimg2614 圧倒的な存在感!

Cimg2616 Cimg2617

世界最大のベラ メガネモチノウオ またの名を・・・

ナポレオンフィッシュ!Cimg2618

その向かいには・・・

Cimg2619 エビの展示

Cimg2622 Cimg2625

(左)ウチワエビ (右)ミノカサゴ

Cimg2624 Cimg2626

あっちこっちにへばり付いています・・・その中でも目立っていたのが・・・

ニシキエビ Cimg2623

イセエビ類の中でも最も大きくなるニシキエビ
浅いサンゴ礁域にすむイセエビの仲間です。身体の大きさは最大でも60cmまで成長し、触覚を伸ばすと1,5m超えるものもいます。ニシキエビの名前の由来は絹織物の錦のように色鮮やかで美しい体の模様から来ています。食用にもなりますが、味はイセエビよりも劣ると言われ、美しい色彩から主に装飾品としても利用されています。(案内板より)

水槽の横には・・・

ニシキエビの脱皮殻 Cimg2627_2

2015年5月13日の朝に脱皮したそうです。ニシキエビは8ヶ月に1回脱皮をする・・・との事で・・・次回は年明けの1月か!?

Cimg2629_2 隠れ上手な魚たち

Cimg2630 Cimg2631

(左)ヘコアユ 漂っているだけで隠れているようには見えないが・・・(笑)

Cimg2632 海の畑と呼ばれる「イノー」

沖縄の方言で、サンゴ礁に囲まれた穏やかな海のことを「イノー」と言います。イノーは小魚や貝、海藻などの様々な生物が生活するため「海の畑」として大切にされています。この水槽では上と下からイノーの生き物を見ることが出来ます。岩の隙間などの隠れた場所にも生き物がいるのでじっくり観察してください。(案内板より)

Cimg2633 Cimg2634

無脊椎動物からルリスズメダイの様な小魚に紛れて・・・

Cimg2635 ウミヘビがにょろにょろ~

Cimg2637 Cimg2638

天井にはウツボが頭かくして尻かくさず状態・・・

Cimg2639 隠れ損ねたヤツ!

つづく

« マリンワールド海の中道は楽し 2015 par4 亜熱帯エリア | トップページ | ぴろQ、SW7鑑賞日決定!+ストームトルーパーとの遭遇 »

水族館」カテゴリの記事

福岡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1896209/62785079

この記事へのトラックバック一覧です: マリンワールド海の中道は楽し 2015 part5 サンゴ礁の様々な生き物:

« マリンワールド海の中道は楽し 2015 par4 亜熱帯エリア | トップページ | ぴろQ、SW7鑑賞日決定!+ストームトルーパーとの遭遇 »

ClustrMaps

国際宇宙ステーション