2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 2016年6月の熊本城 その3 二の丸広場から見た天守閣 | トップページ | 2016年6月の熊本城 その5 加藤神社 »

2016年7月 6日 (水)

2016年6月の熊本城 その4 しばらく歩いてみる

2016年 熊本~大分ドライブ part7

Cimg6024

10:40 係の人が教えてくれた方向へしばらく歩く・・・

Cimg6025 戌亥櫓

西出丸の北西(戌亥)の方向に位置する櫓で、平成15年8月に復元された物です。建物自体は損傷なさそうですが・・・

Cimg6027 基礎を含む石垣が

長い区間、崩壊していますCimg6028

加藤神社へ続く道の脇を見ても・・・

Cimg6029

木ごと根こそぎ崩れ落ちています。

Cimg6030 Cimg6031

(左)道路脇の石垣は崩壊を防ぐため土嚢が積み上げられている。

Cimg6032

だんだん近づいてきた。一番手前は宇土櫓です。

Cimg6033 南大手門

Cimg6034

ここまで歩いてくると・・・

Cimg6035 天守閣の傷み具合や

瓦の崩落の状態が Cimg6036

手に取るようにわかります。地震が起こる前の天守閣の展望所からは、こんな風景が見えていました。

つづく

« 2016年6月の熊本城 その3 二の丸広場から見た天守閣 | トップページ | 2016年6月の熊本城 その5 加藤神社 »

ドライブ」カテゴリの記事

コメント

>地震が起こる前の天守閣の展望所からは、こんな風景が見えていました。

ぴろさん、何も触れてないけど、このリンクを辿って過去ログ見てると
「庵野秀明の特撮なんちゃら」を観るために熊本の美術館に行ったら休館日だった、
というオチがついたのが2015.4.14ってことは、なんという偶然でありましょうか、
あの日が熊本地震のちょうどきっかり一年前だったのですね! 

今回の熊本被災地レポート、食い入るように拝見させていただきましたが
(震えて待て、のキャッチコピーが誇大広告ではなかったww)、
それにしても熊本城とその周辺の傷み、ここまで酷いとは思いませんでした。
地球の力、自然の力というものは凄いんだなと改めて感じますね。 

西南戦争で西郷軍14000人を撃退してその名を天下に轟かせた
熊本城も大地震という敵は想定外だった、ということなんでしょうね。
軍神・清正公も草葉の陰でさぞや無念でありましょう。

いつの日か、完全に復元されることを信じております。

>cozyさん
よくぞ気が付かれました!私も過去の記事を辿っていて、鳥肌がたちました。
あの日、美術館が閉館日でなければ熊本城には行ってなかったのです。

まだ熊本城復旧のスタートラインにも立ってない状態です。地震前お城に行って、西南戦争の時についた弾痕や火災の跡の焼け焦げて固まった屋根瓦を見た時のように・・・「昔、大きな地震があって石垣が崩れたんだよ」と言える日・・・震災が過去の事になる日が早く来ることを願います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1896209/66266024

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年6月の熊本城 その4 しばらく歩いてみる:

« 2016年6月の熊本城 その3 二の丸広場から見た天守閣 | トップページ | 2016年6月の熊本城 その5 加藤神社 »

ClustrMaps

国際宇宙ステーション