2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 北九州ドライブ 2016 その1 | トップページ | ドゴラのロケ地 高塔山へ part2 »

2016年8月12日 (金)

ドゴラのロケ地 高塔山へ part1

北九州ドライブ 2016 その2

博物館の前に寄っておきたい所・・・と言うのは若戸大橋に隣接する高塔山の展望台でした。車一台ぎりぎり通るような細い道を登り・・・途中道路拡張工事なんかもやってたりして・・・どうにか山頂到着。無料駐車場に車を止めて・・・

Cimg7154

高塔山公園は、標高124mの高塔山の山頂にある公園です。中世には大庭隠岐守景種(おおばおきのかみかげたね)が築いた山城があったと伝えられています。展望台からの眺望は素晴らしく、東に若戸大橋、南に皿倉山、北に響灘を望めます。特に夜景は絶品です。(北九州市HPより抜粋)

Dogora_the_space_monster Dogora_the_space_monster_2

ここは先日鑑賞した宇宙大怪獣ドゴラのロケがあった場所です。映画では山麓から山頂までロープウエイで登っていましたが、1971年に廃止されたそうです。

Cimg7155 Cimg7156

この一帯は高塔山公園として整備されていまして、駐車場から展望台まで様々な案内板がありました。

Cimg7157 Cimg7158

芝生の広場を抜けると展望台です。階段を上って目に飛び込んできたのは・・・

Cimg7159

河童封じの地蔵尊 
背中に大きな釘を打たれたこの坐り地蔵には、修多羅(すたら)村の河童の話が伝えられています。馬を池の中に引きずりこもうとして失敗した河童を庄屋が捕まえ、地蔵の背中に舟釘を打ちこんで、釘のある間はいたずらをしませんと河童に誓わせたという話です。
作家の火野葦平(1906〜1960)は、この河童駒引伝説をもとにした作品を、昭和15年「九州文学」に『伝説』という題で発表し、のちに単行本に収めるとき『石と釘』と改題しました。今では、葦平の伝説の方が有名になっています。
地蔵尊の正式名称は虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)で、所有者は高塔山中腹にある安養寺です。この寺は葦平の菩提寺でもあります。
毎年7月に若松で行われる夏祭りでは、河童にちなんだかっぱ祭りが行われています。(案内板より)

地蔵尊の祠の裏には・・・

若松と言う地名の起こりの碑Cimg7172

この裏から・・・

Cimg7173 響灘が良く見えます

風力発電施設の横には・・・

何かのタンクでしょうか?Cimg7174_2

さすが北九州工業地帯!

Cimg7162

お楽しみの展望台へ・・・

つづく

« 北九州ドライブ 2016 その1 | トップページ | ドゴラのロケ地 高塔山へ part2 »

ドライブ」カテゴリの記事

福岡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1896209/66842787

この記事へのトラックバック一覧です: ドゴラのロケ地 高塔山へ part1:

« 北九州ドライブ 2016 その1 | トップページ | ドゴラのロケ地 高塔山へ part2 »

ClustrMaps

国際宇宙ステーション