2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 長崎市 崇福寺に行ったYO! part4 大雄宝殿~大釜~媽祖堂門 | トップページ | 長崎市 崇福寺に行ったYO! part6 最終回 »

2016年9月 9日 (金)

長崎市 崇福寺に行ったYO! part5 媽祖堂~開山堂~祠堂

長崎ドライブ 2016 その39

媽祖堂門をくぐって奥へ行くと・・・

Cimg8045

崇福寺 媽姐堂
 海上安全の守護神媽祖を祀る媽祖堂は当寺草創後間もなく、現状より小さなお堂として建てられた。 航海安全を最上の願いとする来航唐商たちが祀っていた。 ここ崇福寺のほか、唐人の建てた興福寺にも媽祖堂があり、福済寺は観音堂の脇壇に媽祖を祀った。 寺に媽祖を併せ祀ったのは、長崎の唐寺の特色である。 来航唐船に祀る船魂神の媽祖像は、在港中これら唐寺の媽祖堂に奉安した。 現在建物は寛政6年(1794)再建のものである。
 媽祖堂は唐人屋敷内にもあった。 天后堂という。(案内板より)

Cimg8046 Cimg8047

年季が入っています!お堂を覗くと・・・一番奥に・・・

Cimg8048 媽祖さま

Cimg8049 Cimg8050

手前に2体 彫像があります。

航海・漁業の神 媽祖Cimg8052

Cimg8053 千里眼

順風耳 なんですかぁ~>Cimg8051

Cimg8054 Cimg8055

媽祖堂の横には開山堂 丁度、大雄宝殿の真裏に当たる位置です

Cimg8056

中興開山 即非(隠元の直弟子)像 即非とはナンジャラホイ?

・・・と調べたら・・・

そくひ にょいち 【即非如一】
(1616~1671) 江戸前期の黄檗(おうばく)宗の僧。1657年師の隠元に招かれて清から来日し,長崎の崇福寺に住む。豊前(ぶぜん)小倉の福聚寺の開山。黄檗の三筆の一人。(weblio辞書より)

即非像の周辺には・・・Cimg8058

クリスマスツリー??・・・みたいな飾りが沢山おいてありました。

Cimg8059 Cimg8060

建物の装飾も可愛い・・・

Cimg8061 Cimg8062

更にその奥には祠堂 中を覗くと・・・如何にもチャイナな・・・

仏像が! Cimg8063

つづく

« 長崎市 崇福寺に行ったYO! part4 大雄宝殿~大釜~媽祖堂門 | トップページ | 長崎市 崇福寺に行ったYO! part6 最終回 »

ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1896209/67304240

この記事へのトラックバック一覧です: 長崎市 崇福寺に行ったYO! part5 媽祖堂~開山堂~祠堂:

« 長崎市 崇福寺に行ったYO! part4 大雄宝殿~大釜~媽祖堂門 | トップページ | 長崎市 崇福寺に行ったYO! part6 最終回 »

ClustrMaps

国際宇宙ステーション