2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« ボディ・スナッチャー/恐怖の街 | トップページ | 九州自動車道を走る~広川サービスエリア »

2016年10月18日 (火)

熊本ドライブ 2016年 恐竜博物館編 その1

10月12日(水) 熊本の御船町にある恐竜博物館へドライブに行ってきました。御船町と言えば・・・今年4月の熊本地震の際、甚大な被害を受けた益城町の隣町。

恐竜博物館も4月14日の地震の際は数日の休館で再開する予定だったのですが・・・16日の本震で被害が出て、結局3ヶ月の休館を余儀なくされました。

7月24日に営業再開の報をを聞き、必ず行こうと思っていましたが・・・先送りして・・・気がつけば10月。寒くなる前に行っておこうということで急遽決定しました。

8:30 いつもと違う雰囲気を察して、モカちゃんが玄関先までお見送り・・・

Cimg9198 よぉ~しよしよし

いってらっしゃぁ~い>Cimg9199
 
8~9月にかけて廃車の危機を乗り越え復活を果たしたサイノス仔ちゃんも、復帰後初の長距離ドライブです。
 
Cimg9200
 
先月、10月のシフト表が出来上がって、このドライブに行くことを決めた直後に阿蘇山で 36年ぶりとなる爆発的噴火が起きました。
 
-------------------------------------------------------------
【阿蘇山噴火】「朝起きたら一面灰色の世界」火山灰積もる商店、食料求める人々…熊本地震に続く災害に地元は
 
Asojinjya  阿蘇山(熊本県)で8日未明に起きた爆発的噴火から一夜明け、近くの商店などは辺り一面に降り積もった火山灰を取り除く作業に追われ、店には食料品を買い求める人が多く訪れた。
 噴火した阿蘇山の中岳第1火口から北へ約8キロにある同県阿蘇市一の宮町の「スーパーマーケットみやはら」では、店の看板や壁に火山灰が降り積もったり付着したりし、朝から店員らが清掃に追われた。
 「朝起きたら一面灰色の世界で、あわてて店に駆けつけた」。店長の市原誠一郎さん(46)は、スタッフ15人とともに総掛かりで看板や壁、駐車場などの火山灰を掃除し、なんとか開店に間に合わせた。開店と同時に、再噴火を不安がる人々がパンやおにぎりなどの食料を買い求めているという。
 市原さんは「今年は地震をはじめ次から次に自然災害が起きた。力を合わせて乗り越えたい」と話した。2016.10.8 10:46(産経westより)
 
-------------------------------------------------------------
ニュースでは熊本旅行者のキャンセル続出で、やっと地震の復興にとりかかったばかりなのに、泣きっ面に蜂状態。私はこんな話を聞くと俄然行く気マンマン!何が何でも行こうと決心していたのでありました。
 
Cimg9201 8:45 出発!
 
3号線南バイパスを南下 Cimg9202
 
Cimg9203 Cimg9204
 
太宰府ICより九州自動車道に乗る
 
Cimg9205 9:10 鳥栖JCを通過
さすが車検を終えたばかり。サイノス仔ちゃんの走りも快適です!

« ボディ・スナッチャー/恐怖の街 | トップページ | 九州自動車道を走る~広川サービスエリア »

ドライブ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1896209/67933380

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本ドライブ 2016年 恐竜博物館編 その1:

« ボディ・スナッチャー/恐怖の街 | トップページ | 九州自動車道を走る~広川サービスエリア »

ClustrMaps

国際宇宙ステーション