2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 御船町恐竜博物館 その9 有羊膜類の進化~トリケラトプス | トップページ | 御船町恐竜博物館 その11 古生代~中生代  »

2016年10月20日 (木)

御船町恐竜博物館 その10 2階からの眺め

熊本ドライブ 2016年 恐竜博物館編 その15

2階への階段の踊場で・・・

1階の骨格標本が見渡せますCimg9426

Cimg9427 恐竜大行進!ww

天井から翼竜の骨格標本が吊るされています

アンハングエラ Cimg9428

アンハングエラ (Anhanguera ) は、白亜紀前期に生息していた翼指竜亜目の翼竜。ブラジル北西部のアラリペ台地にあるサンタナ累層から発見された。イギリスから産出した化石が本属に属するという意見があり、その場合分布はブラジルにとどまらず、当時形成途中だった大西洋の反対側にまで及んでいたことになる。(wikipediaより)

Cimg9430 Cimg9429

(左)ランフォリンクス(右)タペジャラ

Cimg9435 2階に登りきると・・・

アバトサウルスの全体がよく見える

Cimg9436

Cimg9433 ストロマトライト

Cimg9437 2体の骨格標本

最後の大量絶滅頃に生息した生き物・・・

Cimg9438 Cimg9439

ディアトリマ

ディアトリマ (Diatryma) は、新生代の暁新世から始新世にかけて繁栄した恐鳥類の一種。地上走行性の巨大な肉食鳥で、祖先の小型獣脚類(恐竜)と酷似した生態を確立した。(wikipediaより)

Cimg9440 ホプロホネウス

つづく

« 御船町恐竜博物館 その9 有羊膜類の進化~トリケラトプス | トップページ | 御船町恐竜博物館 その11 古生代~中生代  »

ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1896209/67953577

この記事へのトラックバック一覧です: 御船町恐竜博物館 その10 2階からの眺め:

« 御船町恐竜博物館 その9 有羊膜類の進化~トリケラトプス | トップページ | 御船町恐竜博物館 その11 古生代~中生代  »

ClustrMaps

国際宇宙ステーション