2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 御船町恐竜博物館 その1 エントランス | トップページ | 御船町恐竜博物館 その3 御船層群の紹介 »

2016年10月19日 (水)

御船町恐竜博物館 その2 ミフネリュウ~御船層群の始まり

熊本ドライブ 2016年 恐竜博物館編 その7

スロープの突き当りにあるのは・・・1979年に発見され、御船町が恐竜の街として全国に知らしめた・・・そして、この博物館ができるきっかけにもなった・・・

Cimg9265 ミフネリュウの歯

ミフネリュウ(御船竜)は日本の九州で発見された獣脚類恐竜につけられた非公式の名前である。現在までのところ1本の歯のみが発見されている。名称は発見地である熊本県上益城郡御船町にちなんだものである。メガロサウルス科と推定されている。(wikipediaより)

スロープを折り返して正面には・・・

Cimg9267

地層を切り取った標本

Cimg9268 Cimg9270

御船層群は白亜紀後期の初めの頃 アジアの東縁の陸~浅海環境で堆積した地層である。 と解説された化石の展示 その奥には・・・

ジオラマの展示 Cimg9272

Cimg9278 Cimg9281

Cimg9279_2 様々な恐竜のほかに

Cimg9273 Cimg9275

亀やらすっぽんやら・・・そして・・・話題の(笑)

Cimg9274 ガーなんかもいます。

Cimg9277 Cimg9276

ワニなんかもいたりして日本とは思えない。

その先の展示は・・・Cimg9283

Cimg9284 Cimg9285

(左)二枚貝の化石 (右)ハドロサウルスの歯

Cimg9286 水辺の生物の化石

Cimg9287Cimg9289

(左)レピソステウル類の鱗の化石 こんな米粒みたいなのが鱗だとわかるって凄いね!(右)シャチェミス(スッポンの仲間)の甲羅の化石

つづく

« 御船町恐竜博物館 その1 エントランス | トップページ | 御船町恐竜博物館 その3 御船層群の紹介 »

ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1896209/67933482

この記事へのトラックバック一覧です: 御船町恐竜博物館 その2 ミフネリュウ~御船層群の始まり:

« 御船町恐竜博物館 その1 エントランス | トップページ | 御船町恐竜博物館 その3 御船層群の紹介 »

ClustrMaps

国際宇宙ステーション